信号待ちのクルマに助けを求める子供たち!!SMSメッセージで寄付をしてストリートチルドレンがない世界へ

obradoberco

ブラジルのリオデジャネイロのような大都市でもストリートチルドレンが社会問題になっています。

毎日のように車が信号待ちになると、子供たちが運転席に近づき、助けを求める姿を目にします。

あまりにも日常化しているため、ドライバーも窓を閉めて、子供たちから目をそらす人も多いようです。

でも、そこは人間です。
もし、この子供たちのために、簡単に寄付する仕組みがあれば、あなたは寄付しますか?。

信号待ちのドライバーのスマートフォンにBluetooth経由でSMSメッセージを送信。

send-to-donate

それに対して、応答すると $10 が寄付される仕組みです。

sms-accept

テクノロジーが解決できることがあれば、いろいろ挑戦した方がイイですね。

窓は閉めても心は閉めないで欲しいものです。
私も息子に、この映像を見せて、いろいろと話しをしてみようと思います。

それでは、映像をどうぞ!!


[Obradoberco_Eng]

オフィシャルサイト:Obra do Berço