赤ちゃんのモノには過剰な演出は不要!デザイン重視の親子のコミュニケーションアイテム『Paby (Parent & Baby Cam)』がステキ!

paby-parent-and-baby-cam

大手広告代理店の博報堂の企業内大学HAKUHODO UNIV.(通称:博報堂大学)の社内公募型インキュベーションプログラムである『DeAL(Device Act Lab.)』と『ユカイ工学株式会社』による働く親子の為のコンセプトモデル『Paby (Parent & Baby Cam)』を開発したと博報堂より発表になっています。

参照記事:博報堂 ニュースリリース[博報堂とユカイ工学が、働く親と赤ちゃんをつなぐベビーモビール「Paby(Parent&Baby Cam)」のコンセプトモデルを開発]

これは、離れた場所からでも、スマホから我が子の様子を見ることが出来るモノです。
さらに、スマホから我が子と遊ぶこともできるようですね。

paby-app

デザイン性を重視する親にとっては、この製品は受け入れられるのではないでしょうか。
私もこだわる親なので、購入にあたってはとても気にします。
その点からすると、このコンセプトモデルは私好みです。

見るからに監視カメラ的なモノは、絶対にイヤですよね。
私も出張で連続1ヶ月ホテル滞在があったりしましたから、もしも子供が赤ちゃんの時に、この製品があったら絶対に買っていたはずです。

まだ正式な製品化には至っていないようですが、このコンセプトモデルが支持されれば製品化もされるはずです。
私は、『Paby (Parent & Baby Cam)』の製品化に期待しています。

それでは、プロモ映像をどうぞ!!

オフィシャルサイト:Paby – Parent & Baby Cam

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者