北欧系ミュージシャンのDagny(ダグニ)にハマってしまった!「Backbeat」が米ドラマ「グレイズ・アナトミー」で聴けるの!?

今回は、今じぶんつうがハマってるミュージシャンを紹介したいと思います。
そのミュージシャンの名は、ノルウェー出身の『Dagny(ダグニ)』です。1990年7月23日生まれの26歳で、両親はともにミュージシャンという音楽一家です。

現在アメリカで放映中の大人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー シーズン13」のエピソード23(True Colors)では、Dagnyが2015年にリリースした曲「Backbeat」が採用されており、今アメリカでも話題になっている!?、ことでしょう。
ちなみに、エピソード23(True Colors)は、北米で2017年5月11日に放送されたようです。
私が加入しているHuluでは、現在シーズン11までしかないので、もう少し待つことになります。

もちろん、「Backbeat」も大好きな曲ですが、最新曲「Wearing Nothing」も最高にイカしていますよ。
出先では、Spotify(スポティファイ)で、『Dagny(ダグニ)』の曲を毎日聞いています。

「Wearing Nothing」のミュージックビデオは、ちょっと見たところ、昨年大ヒットしたドラマ「逃げ恥」風って感じもしますが、ノルウェー出身ということもあって、ファッションや色合いは北欧テイストで、とてもオシャレ感満載です。
何度見ても飽きないミュージックビデオになっているので、ぜひご覧ください。

[Dagny – Wearing Nothing]

こちらはDagnyの実力がわかる最新ミニライブ映像です。

[Dagny – Wearing Nothing (Live) – Vevo dscvr @ The Great Escape 2017]

[Dagny – Backbeat (Official Video)]

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者