ラストがあまりにも感動的!、米ドラマ「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」ふたりの結末はハッピーエンド!

Castle-S1E22-Crossfire
衝撃的ラストシーンに全米が泣く!

日本でも大人気の米テレビドラマ「Castle(邦題:キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿)」、とうとうファイナルとなるシーズン8の「エピソード22:Crossfire(クロスファイア)」が、北米で2016年5月16日(月)に放送されました。これでシーズン1(初回放送日:2009年3月9日)からシーズン8までの全173話が放送されたことになります。本当に、これで最後です。

ドラマ「キャッスル」の見どころは、主人公のミステリー作家キャッスルがニューヨーク市警の刑事ベケットと組んで、難解な事件を次々と解決するところです。その二人が、事件を解決していくうちにお互いが好きになり、ついには結婚するまでに。その間の二人の恋の駆け引きが絶妙すぎて、見ている方としてはもどかしくてたまらないわけです。

しかし、私はHuluでエピソード4までしか見ていません。エピソード4の最終話で、やっと二人が結ばれることが出来たのですが、その先の結婚までに至る展開がわかりません。早くHuluでエピソード5が配信されないかなと思っていた矢先に、キャッスルが打ち切りになるということをネットで知りました。

さっそくキャッスルの公式Facebookを確認すると、ラストシーンの映像が公開されていました。
ラストシーンを見ると、涙があふれてきました。これを見て、エピソードのタイトル「クロスファイア」の意味するところがわかった気がします。
拳銃で撃ち合ってクロスする。そして、撃たれたキャッスルとベケットは、お互いの手をクロスする。

こんな悲劇的な結末だったとは・・・。でも、これが最後ではなかったのです。

ラストは、自分の目で確かめてください。

So many emotions in just two minutes…

Castleさんの投稿 2016年5月17日

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者