【僕らの80年代ソング】ライオネル・リッチーの名曲『Hello』がCMで復活!

Dignity-Health-Birth-Centers-Cm-Song-Hello-by-Lionel-Richie
今80年代音楽が最高潮、ライオネル・リッチーが再ブレイクする予感!

アメリカのヘルスケアをサポートする組織『Dignity Health』のCMに、80年代に大ヒットしたライオネル・リッチーの曲『Hello』が起用され話題になっています。私と同じ昭和40年代生まれなら、ちょうど1980年代は青春真っ只中だったはず。

この当時アメリカのビルボードチャートを賑わせていたのが、愛の伝道師ライオネル・リッチーでした。

1983年リリースのアルバム『All Night Long(オール・ナイト・ロング)』に収録されている『Hello』が今回CMで使われたのです。感動のあまり泣けてきます。

今の若者にとって、このクラシカルなラブソングは笑いのネタかもしれませんが、私にとっては80年代そのものなのです。

さぁ、若者たちよ、このダサダサ80年代を大いに笑いなさい。

[Dignity Health Birth Centers: The space to say “Hello.”]
オフィシャルサイト:Dignity Health

これが80年代のスタンダードな作りのミュージックビデオです。どうですか!?、突っ込みどころ満載でしょ。

[Hello by Lionel Richie]

関連記事:

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者