テイラー・スウィフト、メイキング映像『Shake It Off』のラストは監督マーク・ロマネクを紹介!

Mv-Taylor-Swift-Shake-It-Off-Outtakes-Video-The-Director
『Shake It Off』のメイキング映像を紹介!

話題のテイラー・スウィフトのミュージックビデオ『Shake It Off』のメイキング映像シリーズがいよいよラスト。今回がシリーズ第8弾目です。最後はMVを監督したマーク・ロマネク(Mark Romanek)にスポットをあてたものになっています。マーク・ロマネクは、80年代後半から映画やTVドラマ、ミュージックビデオなどで演出・監督として活躍した、現在55歳の超ベテラン監督です。

2014年10月29日に発売するニューアルバム『1989』は、テイラーがもっとも影響を受けた80年-90年代の音楽がベースになっているとのこと。『Shake It Off』は、そのアルバムからの最初のシングル曲です。だからマーク・ロマネクなんですね。マークは、テイラーが影響を受けた時代のミュージックビデオを多く手がけています。

ニューアルバム『1989』は、テイラー・スウィフトにとって音楽のジャンルを超えた意欲作です。もう次の曲も公開まじかなので、次のミュージックビデオも楽しみですね。

[Amazon]1989~デラックス・エディション(DVD付)

それでは、マーク・ロマネクの仕事スタイルを、ちらっと見てみましょう。

[Taylor Swift – Shake It Off Outtakes Video #8 – The Director]

1989 (Deluxe) – テイラー・スウィフト

[Taylor Swift – Shake It Off]

関連記事:

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者