スマホ選びのポイントは!?、パーソナルアシスタントの出来で決まる!?マイクロソフトのちょっと先走りすぎのCMが公開

cm-comparative-advertising-microsoft-apple-siri-vs-cortana
スマホはパーソナルアシスタントで決まる!?

米マイクロソフトはWindows Phone 8.1対応スマホ『Nokia Lumia 635』の最新CM『Siri vs. Cortana – Happy Anniversary』を公開しました。今回のCMは、Apple社のiPhoneとWindows Phoneのパーソナルアシスタントの比較広告です。

マイクロソフトはモバイル分野を思うようにコントロール出来ていません。スマホ市場はAppleとAndroid陣営が独占状態で、マイクロソフトが買収したNokiaのスマホシェアは伸びていないためです。参照記事:TechCrunch[Windows Phoneの米国内シェアは横ばい]

そこで、今マイクロソフトが他社との違いに注力しているのがパーソナルアシスタント『Cortana(コルタナ)』。マイクロソフトは自称Siriの性能を凌ぐことを証明するため、今回パーソナルアシスタントの比較広告に打って出たのでしょう。
しかしここで疑問が、仮にパーソナルアシスタント分野でCortanaが優位であったとして、今の消費者はパーソナルアシスタントを基準に、スマホを選ぶのだろうか!?。

そこは今後のWindows Phoneのシェアがどの程度伸びるかに注目ですね。

[Siri vs. Cortana – Happy Anniversary (Commercial)]

オフィシャルサイト:Windows Phone の Cortana へようこそ

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者