Apple新社屋を設計したイギリス建築家ノーマン・フォスター!その男のドキュメンタリー映画の予告映像が公開

apple-new-campus

アップルの宇宙船型の新社屋『Campus 2』が2013年11月19日(米国時間)クパチーノ市議会で建設が正式承認されました。

参照記事:CNET Japan[アップルの「宇宙船型」新社屋建設、クパチーノ市が正式に承認]

アップルファンでなくとも、この面白いデザインは話題性バツグン。
2016年までには建設の第1フェーズが完了予定とか。

現在、Apple Campus 2の建設予定地をグーグル・マップで見るとこうなります。
Google Map[Apple Campus 2]
before-apple-campus-2

それが完成すると、こんな感じです。
apple-campus-2

ついでに、スティーブ・ジョブズがクパチーノ市議会でプレゼンした映像があるので、
興味がある方はコチラをどうぞ。

で、本題ですがこのアップルの新社屋を設計した中心人物がイギリスの建築家ノーマン・フォスターです。
そのノーマン・フォスターのドキュメンタリー映画が、2014年1月3日(金)渋谷アップリンクにて3週間限定で公開されます。
さらに2014年1月24日(金)にはDVDのリリースが決定しています。

モダニズムのモーツァルトと呼ばれたマスターアーキテクトの建築家としての考え方がわかるドキュメンタリー映像になっているようです。

[映画『フォスター卿の建築術』予告編]

オフィシャルサイト:映画『フォスター卿の建築術』

Share:Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

jibuntsu 登録者